女子でも通いやすい医学部予備校!メディカルフォレストの特徴

医学部予備校メディカルフォレストの特徴


医学部予備校は沢山あるけど、異本的にどこも男女共学になっている。それが当たり前のため、メディカルフォレストはちょっと変わった医学部予備校、といえるかもしれない。

同校も男女共学の校舎を備えているんだけど、女子におすすめの医学部予備校でもあるんだ。実は以下のような特徴を持っている。

  1. 「女子限定」の校舎を構えている
  2. 通信制コースがある
  3. 人それぞれのカリキュラムを組める

後述するけど、女子限定校舎を構えている点が女子におすすめの理由だ。他にも2つの特徴があるから、魅力を感じたら一度資料請求をしてみてほしい。

医学部予備校についてはこちらで解説:医学部予備校とは?

メディカルフォレストには「女子限定」の校舎がある

画像引用元:https://medicalforest.com/

一般的な医学部予備校は、ほとんどの校舎が男女共学だ。メディカルフォレストも池袋や麹町にある校舎は男女共学になっている。

しかし、自由が丘にある校舎は異なっていて、なんと女子限定なんだ。男子を原則受け入れず、完全定員制で女子だけを受け入れている。かなり珍しい特徴じゃないだろうか。

なお、自由が丘の校舎は2009年にグッドデザイン賞を受賞している。校舎外観は洗練されたデザインになっていて、明るく開放的な雰囲気が特徴だ。

しかし内装や設備も万全で、女子が安心して勉強できる環境が整っている。例えば校舎がオートロック式だったり、個別スペースや参考書ブースを設けていたりする。

大型ロッカーもあるから、校舎に籠もって勉強することもできるね。環境の充実ぶりは眼を見張るかもしれない。

アクセスも抜群だ。東急線「自由が丘駅」から徒歩6分だから、駅についたらすぐ校舎へ向かえる。住んでいる場所によっては、学校帰りでも寄りやすいんじゃないだろうか。

予備校が遠い場合は「通信制」という学び方も選択できる

画像引用元:https://medicalforest.com/

ただ校舎まで距離があったり、通うのが難しい人もいると思う。

例えば片道1~2時間かけて通学するくらいなら、近くの塾や普通の予備校を選んだほうがいい。通学時間の分だけ時間を無駄にしてしまう。

でもメディカルフォレストなら遠くに住んでいても大丈夫だ。校舎から自宅が遠い人や、忙しくて通学が難しい学生を対象に通信制コースを用意してある。

ネットを使って個別指導を受けたり、映像授業を見ながら自分のペースで勉強できるコースだ。何より校舎が遠くても学べるメリットは非常に大きい。

ちなみに授業内容やクオリティは通学する場合と遜色ない。後述するオーダーメイドカリキュラムも導入されている。内容は充実しているので、予備校へ通えない人は一度検討してみてほしい。

一人一人のニーズに合わせたカリキュラムを組むことができる

画像引用元:https://medicalforest.com/

メディカルフォレスト最大のメリットは、一人ひとりに合わせたカリキュラムを組んでくれることだろう。

ほぼ完全なオーダーメイドになっていて、他校よりも柔軟な設計になっている。講師やチューターが生徒の学力・入試傾向などを共有し、最適なカリキュラムを提案してくれるんだ。

例えば弱点を克服したいなら、それを集中的に学習するカリキュラムを組む。逆に得意科目を伸ばしたいなら、他の科目より学習配分を多めにしてくれる。

講師陣は最後までフォローしてくれるので、自分は勉強に集中するだけでいい。そんな風に、自分の学力や希望を反映したカリキュラムを組めるのがメディカルフォレストの強みだ。

人それぞれ学力や苦手科目が異なるのは当たり前だ。ところが、それを考慮せず一律にカリキュラムを決める医学部予備校も少なくない。メディカルフォレストは自分の学力なども考慮してくれるので、医学部の合格率を高めることができるだろう。

予備校情報

画像引用元:https://medicalforest.com/

校舎の場所

  1. 自由が丘校:目黒区自由が丘2-20-4 コレッソ自由が丘1階
  2. 池袋校:豊島区南大塚1丁目51-7 美咲大塚ビル2階
  3. 麹町校(通信制専用校舎):千代田区平河町2丁目5-5 全国旅館会館7階
  4. 札幌校:札幌市豊平区平岸二条15-5-16

学費

  1. ・15万円(入学金+諸経費・税別)+受講コマ数~

合格実績

  1. ・東京女子医科大学
  2. ・日本医科大学
  3. ・東京医科大学

など